ムシカ・ポエティカ

  • TOP
  • TOP
  • TOP
  • TOP
クリックで大きな画像が表示されます。 
あっという間に迎えてしまった年の暮れです。皆様お元気でしょうか。

 去る11月21日(火)には三鷹芸術文化センター「風のホール」におきまして<レクイエムの集い>2017を無事終了、地味なプログラムではありましたが多くのお客様をお迎えし、しんみりとした時を過ごすことが出来ました。お支え下さいました皆々様に厚く御礼申し上げます。

 さて、来年はハインリヒ・シュッツ合唱団・東京、創立50周年を迎えることとなり身の引き締まる思いです。シュッツ合唱団の歌う4回の公演に加え、夏には「デュオうめ・もも」(梅谷初 デュッセルドルフ/淡野桃子 ミネアポリス)によるコンサート<夜と夢>も予定されています。

 第1回公演はハイドン《天地創造》です。旧約聖書の創世記、詩編、それにミルトンの『失楽園』より取られた言葉によって、闇から光が、空が、海が、星が、太陽が、そして万物が生まれアダムとイヴの誕生に至るまでの様子が生き生きと歌われ最後はアダムとイヴの喜びの声! ハイドンの音楽の典雅高貴な音楽は皆様に希望と清新の気をもたらすことでしょう。2018年1月14日(日)午後2時より練馬文化会館つつじホールにて演奏致します。詳細は上掲チラシをご覧ください。ご来聴を心よりお待ち申し上げております。

 では皆様、善きクリスマス、新年をお迎え下さい!




~ お知らせ ~
  • CD:J.S.バッハ《マタイ受難曲》渋谷・大和田さくらホールにおけるコンサートのライヴ盤(2014/4/2)がリリースされました。定価3,000円+税 です。
    ご注文は e-mail:yumiko@musicapoetica.jp へどうぞ! 

  • メンデルスゾーン・コーアは新入団員を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 新刊のお知らせ
    『バッハの秘密』 平凡社新書 淡野弓子著 882円(税込み)好評発売中!

  • 動画がYoutubeにアップされておりますので、是非ご覧ください。
    クラシック・ニュース 淡野弓子 「狂童女の恋」にかける思い!


    クラシック・ニュース 淡野弓子マタイ受難曲を指揮して


  • 来たる1月9日に開催致しますシューベルト作曲《冬の旅》リサイタルについて、クラシック・ニュース様からインタビューを受けました。

    クラシック・ニュース バリトン:淡野太郎『冬の旅』オルガン伴奏で!


  • 国際ハインリヒ・シュッツ協会日本支部事務局ニュースに、淡野弓子『ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京ー40年の軌跡(13)』(New!)が掲載されました。
    当サイトのハインリヒ・シュッツ合唱団・東京のページでご覧戴けます。