ムシカ・ポエティカ

  • TOP
2016年7月2日(土)新宿文化センター大ホール メンデルスゾーン作曲オラトリオ《パウロ》 撮影:風間久和 
(クリックで大きな画像が表示されます) 

~おことわり~
新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、5月16日(日)に予定しておりましたSoli Deo Gloria ~讃美と祈りの夕べ~ は中止となりました。
何卒ご理解、ご容赦のほど、お願い申し上げます。


皆様、いかがお過ごしでしょうか。
大変な1年でしたが、嬉しいことに梅や桃の花が咲き始めました。

さて、昨年の4月3日に公演予定でしたが、ホール閉鎖のため1年延期となっておりました<受難楽の夕べ>を、 本年3月23日(火)午後6時30分より武蔵野市民文化会館小ホールにて開催いたします。

作曲家ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルクの名を知る人は少ないと思いますが、19世紀末、 プロテスタント教会の礼拝刷新を唱えた神学者フリードリヒ・シュピッタと共に、優れた教会音楽を作曲した人です。

F.シュピッタの歌詞編集・H.v.ヘルツォーゲンベルク作曲による《受難》(1896)は、 シュッツ、バッハ、メンデルスゾーン、そして友人であったブラームスの影響を受け乍らも、新しいアイディアに溢れた見事な音楽です。
今年こそは皆様にお聴き頂きたく、ご来場を心よりお待ちしております。

尚、いまだ厳しい状況下ですので、ご来場の節はマスク着用、ご連絡先記載など、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

2021年2月10日  ムシカ・ポエティカ

~ お知らせ ~
  • CD:J.S.バッハ《マタイ受難曲》渋谷・大和田さくらホールにおけるコンサートのライヴ盤(2014/4/2)がリリースされました。定価3,000円+税 です。
    ご注文は e-mail:yumiko@musicapoetica.jp へどうぞ! 

  • メンデルスゾーン・コーアは新入団員を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 新刊のお知らせ
    『バッハの秘密』 平凡社新書 淡野弓子著 882円(税込み)好評発売中!

  • 動画がYoutubeにアップされておりますので、是非ご覧ください。
    クラシック・ニュース 淡野弓子 「狂童女の恋」にかける思い!


    クラシック・ニュース 淡野弓子マタイ受難曲を指揮して


  • 来たる1月9日に開催致しますシューベルト作曲《冬の旅》リサイタルについて、クラシック・ニュース様からインタビューを受けました。

    クラシック・ニュース バリトン:淡野太郎『冬の旅』オルガン伴奏で!


  • 国際ハインリヒ・シュッツ協会日本支部事務局ニュースに、淡野弓子『ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京ー40年の軌跡(13)』(New!)が掲載されました。
    当サイトのハインリヒ・シュッツ合唱団・東京のページでご覧戴けます。